6月の避難訓練…

 6月16日、日本海沖地震を想定し避難訓練を行いました…
震度6の大きな地震(仮定)に、避難路には遊具が散乱した状態。安全に避難誘導することができたでしょうか…?

 障害物が散乱する中を避難するのは、これまでの訓練で初めてのこと。(職員にも予告していませんでした)
それでも…慌てずに子ども達を誘導していた職員。落ち着いて避難することができた子ども達。昨年度来の訓練経験が確かな力になっていることを感じました。
 訓練後に行っている反省会では「もしもガラスが散乱していたら?」「避難路や誘導方法は?」沢山の気づきや課題が出され、次からの訓練に活かしていくことを確認しました。
 災害時には何が起こるかわかりません。状況により臨機応変に対応することができるよう、さまざまな場面を想定した訓練を重ねていきたいです。(次回は、水害発生時の訓練を予定しています。)

ページトップボタン